1. HOME
  2. 塗料の研究室
  3. 第7回「現在のタイル張り仕上げ改修現場」

第7回「現在のタイル張り仕上げ改修現場」

第7回「現在のタイル張り仕上げ改修現場」

耐寒の塗料について


施工前の問い合わせで多い現場調査依頼や、初めてする塗装する現場への立ち会い依頼など、相談を受け現場へ伺った時に気付いたことを時系列でご紹介します。

タイトル

セブンSで保護塗装をしようとする現場についての問い合わせや、初めての調査依頼には、現状雨漏れしているか、雨漏れはしていないが保護・予防のため検討しているということが多いようです。

現場調査に伺い、先ず全体の外壁仕上げ面を確認することから始まります。

窓周りや縦横のシーリング材の様子、タイル、目地モルタルのひび割れや欠損等があるか、エフロレッセンスは出ていないか、タイル端部や取り合いの納まり、笠木カバーなどの状態はどうなっているかを目視確認します。

1.タイル張り仕上げされた建物の状況

⑴ 1棟全面のタイル張り仕上げ。  
⑵ 正面など道路に面した面と、その取り合い面へ若干折り曲げ張りして仕上げている。  
⑶ 出隅や各階の床(天井)ラインなどへ帯状にアクセントとして張り仕上げている。  
⑷ タイルの種類や大きさ(磁器質・せっ器質・陶器質)    
  タイルの模様(かまぼこ形・凸凹リブ模様等)    
  タイルの張り仕上げ(小口突き合わせ、目地モルタル有無や、深さ)

★★画像★★

漏水がある場合、はじめに部屋のどこで雨漏れしているか特定されていても、外壁側で雨水の侵入している部分、例えばサッシ周り、シーリング材、ひび割れ筋や取り付け金具のネジ穴からなど、不具合箇所が特定されているケースもあれば、鉄骨造で水平方向から伝わっていたり、また、目地モルタルの痩せや、面全体が経年で劣化・老朽化していたりする場合など、いろいろなケースがあります。

ひび割れや、目地モルタルの痩せが有るからといってセブンSやセブンSSをその不具合部のタイルと周りの目地モルタルにだけ塗装しても、膏薬貼りの様に見え、周囲の目地モルタルから下地モルタルを介在し、躯体に雨水が届き浸透してしまいます。その時、近くに貫通ひび割れがあれば漏水は止まりません。

そこで、部分的(スパン塗り)、各面(東西南北)や1棟全面塗りなど、どこへ透明な保護塗膜を施すかということになります。

弊社での縁切り、防水保証は
  1. 気温が5℃以下になると硬化が遅くなり塗装間隔が長くなるので、造膜温度(メーカーや材料によって異なる)以下の場合には、塗膜不具合となりやすく機能低下の要因になることも有ります。予め、被塗面や塗料(缶)の加温が必要になります。

  2. 気温が30℃以上になると、塗り付けたそばから塗膜表面の乾燥が速く、泡が生じやすくなります。近年は猛暑も有り作業性も下がります。また、日よけ養生を行うことや、斜壁など直接陽射しの当たる部分では施工時間を考慮する必要が有ります。特に金属面は注意が必要です。

  3. 湿度85%以上の屋外では塗装はできません。雨が直接当たらない場所でも気温と被塗面温度により塗装面がブラッシングし、表面に結露しやすくなります。金属面も含め白ぼけすることも多くあります。屋内では加温・除湿を行えば塗装可能です。

  4. 潮風が当たる海浜地域の現場では、表面に塩分が付着し吸湿することで、そのままでは塗膜の付着不具合を発生させてしまうことも有ります。十分に洗浄し下地を乾燥させてから施工することが必要です。

  5. 強風時には塗料が飛び散ることが有ると同時に、塗装面に塵埃が付着しやすく美観を損ねることがあります。風速5メートル以上になったら塗装作業に注意し、養生メッシュなどの覆いを十分に行う必要があります。

氷点下で塗装の出来るタイカンコート

タイカンコートは平成17年に岩手県工業技術センターと共同開発し、特許を取得いたしました。

東北・北陸地方など寒冷地や、静岡や長野、山梨などの中部地方でも所によって新築・改修工事の中で、年末や年度末の工期に合わせた現場塗装作業が必要になる場合などは意外に多いものですが、先にご案内いたしましたように、塗装作業には気温など様々な現場条件を満たした中での作業が必要です。

5℃以下の施工環境でも大丈夫
toryo_6-3.png



真冬でも作業を休む必要がありません
toryo_6-4.jpg



ところが、建築仕上げ塗材の分野において、塗材の無溶剤化、水系化が進められていますが、水系の下塗材及び上塗材は、溶剤系に比べ耐水性、乾燥性、下地との密着性、耐久性など、性能の劣る場合が多く見られ、特に低温で施工した場合、材料凍結による貯蔵安定性低下や施工不良、水の蒸発遅延による硬化不良、さらに塗膜にひび割れ、付着力低下、耐久性能低下などの不具合を生じる危険性があります。

これから本格的な冬が到来するなかで塗装作業は最終工程になりますが、寒冷地だからと言って予定工期を延長することはできません。

そこで、日中5℃以下の現場環境でも、降雨、降雪でなければ現場環境に影響されることなく塗装作業を可能にし、溶剤型に比べ安全で衛生面に優れた水性仕上げ塗材として「タイカンコート」の販売を開始いたしました。  

タイカンコートは水性一液自己架橋型アクリル樹脂をベースとして-10℃という過酷な氷点下状況での塗装作業を可能にしました

改修作業であれば2回塗りで仕上がるため、省工程で素早く仕上がります。 設計価格もローラー塗り施工で2700円/㎡です。

青森現場(2015年)【施工中~終了面まで】

一面ずつ仕上げます
toryo_6-5-1.jpg

yagirushi.jpg

サイドの完成面
toryo_6-5-2.jpg

yagirushi.jpg

正面塗装面
toryo_6-5-2.jpg

yagirushi.jpg

既存白面と仕上り面の様子
toryo_6-5-4.jpg

yagirushi.jpg

仕上り部
toryo_6-5-2.jpg

山形現場(2016年)

仮説足場の設置

yagirushi.jpg

既存棟裏面

yagirushi.jpg

既存塗膜の剥がれが目立つ
toryo_6-6-3.jpg

yagirushi.jpg

棟裏の完成面

yagirushi.jpg

正面完成写真
toryolab_5.jpg