セブンヒートバリアー - 製品紹介

ヒートバリヤーの遮熱性

ヒートバリアーは、熱遮断と耐久保護を兼ねた快適空間を創造するコーティング材です。

ヒートバリアーは、熱反射率の高い超微粒子中空セラミックビーズと、耐久性に優れた架橋型アクリル樹脂を複合したコーティング材で、断熱特性が快適な室内空間を与え、伸縮性にも優れているため、コンクリート、スレート、カラー鉄板等の屋根と外壁を、長時間しっかり保護します。さらに水系材料のため、扱いやすい地球環境に優しい塗料です。

特徴

遮熱
熱反射効果が高いので、建物の温度上昇が抑えられて、夏は涼しく、冬は暖かい外断熱として機能します。建物自体を長持ちさせて、省エネ効果が大きくなります。

防水
ヒートバリアーの塗装面は、微細な中空セラミックビーズで覆われて水を完全にシャットアウトします。また塗膜に伸縮性があり、建物の細かなひび割れもカバーします。

防音
中空セラミックビーズの層が、屋根・天丼・壁を通過する音を数デシベル低下させて、防音効果を発揮します。

防露
建物内への熱エネルギー伝導を抑えることで、結露の発生を効果的に防止します。

耐久
架橋型樹脂が緻密なコーティング層を形成し、耐久性に優れるため、建物を長期間しっかり保護します。

断熱
ヒートバリアーを室内に塗ると、室内から逃げる熱エネルギーを封じこめて、省エネの暖かい室内を作り出します。

環境効果 - 環境に優しく建物に優しい

  1. ヒートバリアーの遮熱効果で室内温度を2~5℃下げることが可能になります。
    ※状況・条件で多少異なります。
    • 夏の暑い時期に、空調機の負荷を減らすことで、消費電力を下げて、発電のためのエネルギー消費を減らし、発電所設備の負荷低減で社会資本投資額およびC02削減に繋がります。
      ※1KwHの省電力はCO2にして180gのカーボン削減量になります。
  2. 空調機の負荷を低減することは、空調機自体を長持ちさせて、消却年数を延長させることができます。また建物表面を保護することにより、建物自体を長持ちさせることで、建替え時期を長くして建築にかかる資材を減らし、限られた資源の有功利用となって、環境に貢献します。
屋根表面温度推移
日差しの厳しい沖縄県のコンクリート製陸屋根にヒートバリアーを塗装して施工前、施工後で表面温度を測定しました。塗装後は表面温度差が最大10℃以上の差があり、室内で約3℃の違いが測定されています。
施工場所 沖縄県名護市H邸 平屋陸屋根

基本標準色

ホワイト EN-95 / クリーム E19-85D / グリーン E39-80D / プルー E65-80D / グレー EN-77
日本塗料工業会の色見本による調色が可能です。
※色見本は実際の仕上がりとは多少異なります。

試験

試験項目成績試験方法
低温安定性合格分離・凝集が無い
初期乾燥によるひび割れ抵抗性合格ひび割れが無い
付着強さ(N/mm²)標準状態1.2≧0.5
浸水後1.1≧0.3
温冷繰り返し合格ひび割れが無い
透水性(B法)0.3≦0.5
耐衝撃性合格はがれ等が無い
耐アルカリ性(A法)合格ふくれ、はがれ等が無い
耐候性(A法)合格変色3号以上
可とう性合格ひび割れが無い
JISA6906E可とう型の方法による