1. TOP
  2. メディア
  3. 営業部ブログ
  4. 光触媒の抗ウイルス性

スタッフブログ

光触媒の抗ウイルス性

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
光触媒の抗ウイルス性

営業部 木村です。 昨今お問い合わせが多い「ウイルス類への光触媒の効果」についてお話します。

現在、新型コロナウイルスの有効な手立てがまだ無い中で、初期の段階から光触媒の抗ウイルス性が着目されていました。 ただ、新型コロナウイルスに対しての試験等は実施されておらず、現状ではデータ自体がありません。

「光触媒の分解作用」
kimura01.gif

「光触媒の親水作用」
kimura02.gif


光触媒の持つ抗ウイルス性で現在確認されているものは次のものです。

・インフルエンザウイルス
・ヒトヘルペスウイルス
・ネコカリシウイルス
・ノロウイルス
・SARS
・MERS

何故ウイルスに対し効果があるのかを簡単に言いますと、上記図「光触媒の分解作用」のように、光触媒の発現する酸化分解効果でウイルスを無効化する作用が抗ウイルス効果と言うことになります。

「光触媒の抗ウイルス性イメージ図」(社内資料)
blog0930-3.jpg


ウイルスの構造とワクチンの関係

ウイルスの表面にはスパイクという宿主細胞に侵入するための突起物(エンペロープ)が存在します。

ワクチンと言われる物は簡単に言いますとこの突起物を鍵と見た場合、鍵穴の役割をして突起物を塞ぎ、宿主細胞への侵入を阻止する役割を持つものです。

よく言われるワクチンの型が合わないと言われるのは、この鍵と鍵穴の不一致の事で、インフルエンザA型にB型のワクチンは効かないという理由がこれです。

この突起物は脂質でできており、アルコールや石鹸で分解できます。
ですから感染症予防にはまず、手洗い・うがい・消毒となる訳です。

ところがウイルスの中にはこの突起物の無いタイプもあります。

先に示したウイルスのうち、ノロウイルス、ネコカリシウイルスは突起物が無いタイプになります。
(カプシド)両者とも外膜は脂質でできているのは共通です。

抗ウイルス効果のしくみ

光触媒の酸化分解作用では有機物を分解する性質から、この脂質で出来たウイルスの突起物や外膜を酸化分解することでウイルスを不活性化してしまうので、宿主細胞に侵入できなくすることの結果として、ウイルスの感染を防ぎます。

またウイルスそのものも分解する事で死滅させる事になります。これは突起物のあり(エンペロープ)なし(カプシド)のどちらのタイプのウイルスにも有効です。

この性質でのウイルスへの効果は先に示した種類で確認済ですが、突起物(エンペロープ)を持つタイプでは、インフルエンザウイルス、ヒトヘルペスウイルス、コロナウイルスの種類のSARS、MERSでの実証済です。新型コロナウイルスに対しての実証は現状されておりません。

「光触媒の抗ウイルス効果のしくみ1」(社内資料)

kimura03.png


「光触媒の抗ウイルス効果へのしくみ2」
(社内資料)

kimura04.png

抗ウイルスにおいて光触媒が着目されている理由

新型コロナウイルスへの光触媒の抗ウイルス効果が着目されているのは、ウイルス全般に酸化分解作用によるウイルスの無力化が有効であるということから、期待度が大きいという話なのです。

ただし、光触媒の抗ウイルス効果については、今回の新型コロナウイルスの様に必ずしも全てのウイルスに対して有効であるという確証はないという事も言えます。

光触媒の酸化分解効果は、脂質で構成されるウイルス全般に有効であると考えられていますが、効果の発現については実証されているものがあるものの、光触媒:ウイルスの分量の比率もあり、どれほどの効果が表れるのかは未知数と捉えた方が良さそうです。

現状では、疾病予防対策の一つとして光触媒の効果も併用させるという考えでご利用頂くことが重要かと思われます。

「covid-19・新型コロナウイルス」(社内資料)

セブンチタニックについて

弊社製品「セブンチタニック」はこの酸化チタンによる光触媒効果を利用した製品です。

「光触媒とは」
光触媒は、光があたると触媒作用(化学反応の速度を変えること)を発揮する材料です。 光触媒作用を示す材料はいろいろありますが,酸化チタンがもっとも優れていると言われています。

「酸化チタンとは」
酸化チタンは通常は白い粉で白色塗料、白いプラスチック、白い紙の材料として多く使われています。また紫外線を吸収するので化粧品にも使われています。

「酸化チタン光触媒とは」
酸化チタン光触媒は結晶構造を少し異なるものとしたり、微粒子に加工するなど、光触媒効果を高めるためにいろいろ工夫が施された酸化チタンです。紫外線を当てることにより、「分解力」と「親水性」の作用を発揮します。

セブンチタニックの効果

「セブンチタニック」はこの「分解力」と「親水性」を応用し外壁の防汚コーティング材としたものです。
 
★光触媒が太陽光を利用し、汚れを分解します
★さらに雨の力で汚れを浮かせて洗い流します

「光触媒のセルフクリーニング効果図」(社内資料)
kimura05.png


そのほかに、抗菌・抗ウイルス効果も理論上発揮しますが、光触媒効果は特に室内環境では光の照射量により効果が安定しない事もあります。

現在、セブンケミカルでは光の照射量が少なくても効果が安定するタイプの「可視光応答型光触媒」を使用した抗菌型の「セブンチタニック」の開発も進めております。 そのお話はいずれまた。

セブンチタニックについてのお問い合わせ先

お電話にてお問い合わせ

→ 03-3366-2616


ホームページよりお問い合わせ

→ お問い合わせ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加